イチゴを植える準備です

イチゴのハウスがやっと完成したので、植える準備を始めました。
高畝にするための溝を作り、そこを管理機にパタパタというアタッチメントを取り付けて壁面を叩きながら成形します。
成形機で高畝を作ったら、天井部は平面にしてイチゴを植えるようにします。
写真の段階は、成形機を使う前段で、元肥を投入して耕耘したあとのものです。
今後、高畝を作ったあとに、灌水チューブも設置すれば準備万端で苗を植えることになります。
工事の遅れがあったので、約1ヶ月遅れの定植になりますが、年明けには収穫にこぎ着けられるよう管理しようと思います。
家の目の前にあるハウスなので、昨年とは違い管理作業がかなり楽になるので、集中しての管理がしやすくなりました。
ありがたいことです。

関連記事

  1. コスパがいいってどんな意味?

  2. ニンニクの生育が

  3. こだわりって何だろう

  4. 里芋を収穫しました

  5. 嬉しいメールをいただきました

  6. 早速脱穀しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。