夏の終わりと秋の深まり

夏からずっと収穫し続けていた丸オクラを片付けました。奥に見えるのは、冬大根と白菜です。
こちらは、冬になってから収穫予定のものですが、手前の丸オクラの終了と対比になっている感じですね。
先月の台風による雨風の影響は、自宅が高台にあるので雨の影響は幸いにもそれほど酷くありませんが、対して風の影響は、世間の風当たりとの相乗効果(笑)があるので相当なものがあります。
今年は、ミニトマトを作っているハウスは未だに片付けていないので、ジャングルのようにはびこっているミニトマトが残っています。
こちらは、未だに花がついて一部実がついてきているので、いつまで引き延ばせるかを挑戦してみようと思っています。
それ以外の夏野菜の残照は全て消え去り、台風の雨によって冠水した、今の時期に出荷予定だったほうれん草、小松菜、かぶは土に還元されたのでそれ以外の野菜の出荷がようやく始まります。
写真の人参は、夏に太陽熱養生を施して8月になってから種を蒔きました。
現在、播種後90日を経過したところであと2週間もすれば間引きながらの収穫が可能になってくると思われます。
その際は、葉付き人参で提供しようと思っておりますよ。
今年は暖冬傾向になるそうですが、出来れば10月にまとめて降った雨が年明けにもちゃんと降ってくれれば言うことなしなのですがね。

関連記事

  1. 園主の気ままなブログ~9代目って

  2. イチゴのかき氷

  3. 園主の気ままなブログ~体験農園

  4. 軽バンドナドナ

  5. イチゴを植える準備です

  6. イチゴの畝たてをしました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。