塩ってやっぱ大切!!!

こんにちはひさよ母ちゃんのブログへようこそキラキラキラキラキラキラ


今日はどんな一日でしたか?

毎日新しい出会いがあったり、

発見があったり、

気づきがあったり、


そんな中で人は少しづつ成長して行くのでしょうかね



先日からはまって読んでいる

 『「減塩」が病気をつくる!』は凄くわかりやすい

医師の観点からわかりやすく

又事例も沢山あって

本当に塩の重要性と減塩の不必要さがよくわかるビックリマーク

冒頭の第二次大戦末期

長崎に原爆が投下された際

塩と味噌で多くの人が助かったのは有名な話だが

その事が詳しく書かれていた

当時、爆心地からたった1キロの地点にあった

聖フランシスコ病院で被爆された秋月辰一郎医師は

備蓄倉庫にあった味噌と塩と玄米で

塩辛い味噌汁と塩辛い玄米の握り飯を

毎日病院スタッフと患者に食べさせ続けた

結果、そのほとんどが原爆病(白血病やがん)を発症せずに

長生きしたという

秋月医師本人も90歳近くまで長生きされた

当時爆心地から10キロの地点で被爆した人も

原爆症で亡くなった方がいる中で

爆心地から1キロの地点で被爆して原爆症を発症していないのは

スゴイ事実ビックリマークビックリマークビックリマーク


そこには塩と味噌と玄米の排毒機能の高さが証明されている

塩と味噌、そして玄米や雑穀が体の毒素を排出してくれる

ミラクルフーズであることは疑いようがないビックリマークビックリマークビックリマーク

毎日野菜たっぷりの具だくさん味噌汁を飲んで

塩をしっかり摂って、玄米や雑穀をとる事が

人間の体を調整してくれる大事なツールだと思わずにいられません

塩を使った入浴法やマッサージなどのいろいろな「塩」療法も載っている

早速試し始めたみたが良い感じチョキ

塩と味噌大事です

明日も美味しい味噌汁作ろ~~~っとグッド!

皆様も美味しいお味噌で

美味しい味噌汁飲んで下さいねウインクラブラブ

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(--)m

関連記事

  1. 気がついたら12月もあと半月!!

  2. 最近はまってるもの、波動?!

  3. 秋野菜収穫楽しみ♪来月に迫ったライブ♪

  4. 第一回目たくあん講習ランチ会とさよなら勝迹庵

  5. 3月のランチ会

  6. イライラしなくなった理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。