軽バンドナドナ

昨年地元の自動車屋さんで見つけたスバル最終型サンバーディアスバンSC3ATの車検の時期が参りました。
こちらは主に家内が近距離の配達に活躍していただいております。
本来ならば5MTが欲しかったのですが、主に家内が乗るために泣く泣く3ATに相成っております。
ただし、こちらは軽トラと違いタコメーターが付いておりますので、エンジンの回転数がわかるのでATのイージーさを差し引いて楽しませてもらっております。
何時もお願いしている車屋さんが引き取りに来てくれるには少々時間があったので、エンジンオイルとオイルフィルターを交換しておいた状態で夕方にドッグ入りしました。
これで、次の車検まで安心して乗ることが出来ます。
イースタンエンジニアリングさんには、僕が使っているクルマ全てをお任せしているので本当にお世話になっております。
そんなわけで、うちで採れた野菜をせっせとお運びさせていただき袖の下代わりとさせていただいておりますが、クルマ以外にもお世話になる事も多いので色々と助かります。
同型の軽トラもあり、こちらは前回書いた4WD5MTのSCがございます。
どちらも、エンジンをリアに搭載していることから農道のポルシェと称されております。
どちらかというと、軽トラックのサンバーの方がその呼称ににマッチするようです。
HONDAが2021年に軽トラックの生産から撤退することが明らかになった今、個性的な軽トラ及び軽バンが生産されなくなったのは淋しい限りです。
元々は、ダイハツのハイゼット軽トラから乗り始めましたが、続いてスズキのキャリイ軽トラに2代乗り継ぎつつ、現在のスバル軽トラに乗り継いでおります。
このスバル軽トラに於いては、2006年に4WDSC3ATを新車で購入し2018年までに96500kmを走り、昨年2008年式の4WDSC5MTのハイルーフ車を中古(走29000km)で見つけて乗り継いでおります。
こちらは畑にも入りやすいように、ゆくゆくは3センチ程度リフトアップのスプリングを入れて微妙に車高を上げてみようかなと画策しております。
この型のサンバー愛はしばらく続くと思われるので、商用車の重課税が発生しないことを祈りつつ永く乗り続けたいと思っております。

関連記事

  1. 台風対策

  2. イチゴのマルチを張りました

  3. 里芋を収穫しました

  4. イチゴのかき氷

  5. 園主の気ままなブログ~体験農園

  6. こんなこともありますね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。